スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

WATER HEART

asobi.jpg


上のイラストは、私が東京にいるときに

上演した舞台の1つ「WATER HEART」の時のチラシのために制作したイラストです(#^.^#)

私にとっての「河童」を書いたんですよ♪

ふと、このイラストが気になったので、そのエピソードと共に、ご紹介。

実は昨日、とっても気になる夢を見ました。

それは、鯨の夢。

私は、水族館みたいに海の中が見えるようになったガラスの壁のある塾にいたんです。

そして、人ごしに、窓を見ると、海の底に、クジラがこちらをむいて、いっぱいいたんです。

その鯨の中の1匹と、心が通い、その鯨は、人の形になって、私に会いにきてくれました。

けれど、彼はとてもシャイで、鯨は言葉がしゃべれません。

その鯨の友人の鯨が、一生懸命

「彼が君に会いたがってる」

と、口を大きく開けて、伝えてくれようとしています。

岩肌の、海の底で・・・

私は、解ったよ、と、伝え、すぐにでも会いにいきたくてたまらない。

けれど、塾がある。

私が塾を休むと、一緒に通っている塾の同級生も困る。

けれど、私は「今」しかないとわかってる。

彼に会いにいきたい。

塾の人たちはもめた。

私は塾をやめることで、責任をとるから、いますぐ、そとにいかせてほしいと焦る。

そんなとき、鯨の彼は、窓の外の海底から

ゆっくり私を見た。

今いくからね。

今、貴方のところにいくからね。

そう、心は通じ合った。

その時に、私を見て悲しそうに、嬉しそうに、私たち人間の言葉なんか虚無のように

微笑んだ優しい表情を・・・

あの目を、夢からさめても忘れられない。

あの瞬間、私は鯨に恋をしてしまった。

実在するわけじゃない

その鯨を探し用もない

でも、私は恋をしてしまって

どうしようもなく心が震えて、夢から冷めて泣いてしまった。

きっと、鯨も泣いてる。

なんでか、わからないけれど

運命がそこにあって、たまたま混線した糸で私たちは会えたことを知っているから

二度と会えないことも知っているから

だから、泣いたんだと思う。

そんな、夢を見た。

海のゆめ。

水の記憶。

久しぶりに見た、WATER HEARTのイラストは

心もようを宿したような色彩で泣いていて、また、ちょっと切なくなった。

私たちの世界は、時々世界が混線することがあるんだと思うのです。

| ☆イラスト作品一覧☆(鉛筆や、ボールペンなどを使用) | コメント(16)

コート

大好きなブランドのコートをモデルに描いたイラストです♪

コート4-1

ちょっと変わったディティールが入ってるデザインが好き~(*´∇`*)

大好きなブランドは「マリテ・フランソワ・ジルボ」!!

ジルボの服を着こなすアーティストになりたいっ!!

| ☆イラスト作品一覧☆(鉛筆や、ボールペンなどを使用) | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。